フィールデイズ in Japanの報告

9月17日の北海道恵庭市のえこりん村での『フィールデイズ in Japan』は、朝方は曇天に強い風の悪天候でしたが、お昼頃には太陽も出て暖かい中での開催となりました。

酪農学園大学の公認サークルの野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』の出展は順調に終了しました。

次のイベント参加は江別市での『世界市民の集い』です。

次回の出展も力を合わせて成功させよう!と『えれふぁんと』のメンバーたちははりきっています!

『フィールデイズ in Japan』の会場

メンバーが待機して出展中の『えれふぁんと』のブース

 

9月17日『えれふぁんと』が『フィールデイズ in Japan』に参加

本日(9月16日)から3日間、『フィールデイズ in Japan』(創地農業21のお祭、(株)ファームエイジ主催)があります。

開催日:9月16日、17日、18日

時間:10時〜15時
場所:北海道恵庭市のえこりん村、花の牧場

http://bit.ly/2h8BKOB

今年も、酪農学園大学の公認サークルの野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』が9月17日(日)に参加します。

ケニヤでの教育エコツアーに参加したサークルのメンバーが持ち帰った、ビリカニ女性たちの会からの作品を出展します!

長年、地道に活動を続けている『えれふぁんと』の応援をよろしくお願いします!

お近くの方はぜひお立ち寄りください!

白樺祭の報告

先週末(7月8日・9日)、北海道の酪農学園大学の白樺祭があり、公認サークルの野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』が今年も出展しました。

天気がよく暑い日々となり、立ち寄って下さる方々も多くて、サークル部員が力を合わせた出展は大成功で終了しました!

部員たちは早くも次の出展に向けて活動を開始しています!

 

東進スクール:高校生の悩み相談

東進スクールの高校生の悩み相談サイトに、中村千秋のコメントがアップされました。

「コンプレックス」についての悩み相談に回答しています。

質問は、顔・体型にコンプレックスがあるのだけれども、どうしましょう?、という内容です。

回答は以下のURLよりご覧ください!

http://www.toshin.com/question_stop/questions/46

中村千秋

酪農学園大学白樺祭(7月8日-9日)

7月8日、9日に開かれる酪農学園大学の白樺祭

https://rakunoshirakabasai2017.jimdo.com/

に今年も大学公認サークルの「えれふぁんと」が出展します!

息の長い、小さいながら確実に歩んでいる「えれふぁんと」の活動の応援をよろしくお願い致します!

さわやかな天気の学園祭になるように願っています!

アフリカ日比谷フェスティバル(6月24日-25日)

6月24日、25日に東京・日比谷公園で開かれるアフリカ日比谷フェスティバル

http://africah.web.fc2.com/event/j-hibiya2017.html

に、日本獣医生命科学大学の公認サークル「ラフィキ」が出展します!

サラマンドフの会からも応援に駆けつける予定です!

お近くの方はお立ち寄りください。

梅雨ですが、両日天気がよくなるとよいですね!

 

セミナーは盛会で終了

北海道での6月のセミナー(6/11および6/12)は盛会にて終了しました。

気候が違う北海道で風邪を引き体調が不安定になりがちでしたが、セミナー講師に備えて体調を整えることができ、盛会に終了して一安心です。小さいながら活動を今後も続けくための確固とした力添えとなりました。

リピーターの方々、今回初めて聴講して下さった方々、お時間を取って参加して下さり感謝致します。

今後も今回のようなセミナーの機会を設けて、皆さんと共に地球の未来を憂いつつ考えていければと思っております。

 

 

6月のセミナー in 札幌(6/12)

『野生動物と人間の未来~アフリカゾウから地球への伝言』

講師 中村千秋

日時/6月12日(月)18:30〜20:30 受付開始18:00
会場/ かでる2.7 1030会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
事前申込要 定員35名(先着順・締切6/8) 
参加費/一般700円 きたネット会員・学生 500円


主催 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク 「きたネット」

 

本チラシのPDFは、

 http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaA.pdf

よりご覧になれます。


アフリカの大自然から、野生動物と人間社会の調和ある共存と共生を問い直してみましょう!

野生のアフリカゾウの研究を通じて得た、自然と人間の共生のための貴重なヒントとは?

大型野生動物が健全に生活できる自然生態系が残っていることがなぜ重要なのでしょうか?
守り、つなぐために、私たちに何ができるのでしょうか?

参加者のみなさんとの意見交換も予定しています!


参加申込みは

お名前・住所・連絡先(TEL. FAX. E-mail)、所属等をご記入のうえ、
【きたネット】へ 
メール office@kitanet.org
または
FAX(011-215-0149)
等でお申込みください。

申込書  http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaB.pdf

6月のセミナー(6/11 北海道苫小牧)

北海道の苫小牧市のウトナイ湖野生鳥獣保護センターで、野生動物に学ぶ救護セミナーが開かれます。

セミナーのタイトルは、
『アフリカゾウとザトウクジラに学ぶ』
です。

6月11日(日)
午前10:00~12:00
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
高校生以上対象

参加料 無料

申し込み・お問い合わせ 電話 0144-58-2231

セミナーの内容:

『アフリカゾウから地球への伝言』  中村千秋(NPO法人サラマンドフの会)

『ザトウクジラの子育て in オーストラリア』 平尚恵

『オーストラリアに学ぶ野生動物保護事情』 唐澤廸子(酪農学園大学)

皆様、ふるってお出かけください!