ミッション・ゾウ・レスキュー出版

中村千秋が監修した、ナショナル ジオグラフィック キッズ「ミッション・アニマル・レスキュー」シリーズ 日本版の「ゾウ」の本、『ミッション・ゾウ・レスキュー』が、5月25日に発売(ハーパーコリンズ ジャパン 出版社) となります!

https://amzn.to/2Vfw74q
http://bit.ly/2DQoztW

満載のゾウの写真を見ながら、大人もこどもも一緒に、ゾウと地球について考えたり語ったりできる本です!

 

 

6月1日のイベント(札幌)の詳細

6月1日 in 札幌でのイベント『これからみんなで地球を楽しく~わたしが地球で、いま出来ること』の詳細が、以下のURLにアップされましたので、お知らせします。

https://www.kokuchpro.com/event/borderless/

参加のお申込みは、上記よりお願いいたします。

もしくは、以下までお問い合わせください。

お問い合わせ
borderless事務局
TEL 080-1887-8479
(土日祝休 10:00~17:00)
電話に出られない場合は折り返しいたします。
メール
events@sakuraitatusnori.com

当日、会場設営、受付など、ボランティアでお手伝いしていただく方も募集中!

お手伝いいただける方は、直接、上記のURLからお申し込みとともにメッセージを送信してください!!

 

掲載記事『動物園講演会より』 

昨年10月に多摩動物公園で開催された講演会の内容の要旨が、「どうぶつと動物園」(東京動物園協会発行の季刊誌)の2019年春号(No.714)に、2ページにわたって掲載されました。

2019年4月1日発行。

記事名:『動物園講演会より』 

記事タイトル:『野生のアフリカゾウとともに──未来へのメッセージ……中村千秋』

https://www.tokyo-zoo.net/member/kaishi.html

6月1日のイベント(札幌)

6月1日(土)には、札幌市のエルプラザ大会議室にて(18時半より21時)、サラマンドフの会も後援するイベントを予定しています。

イベントのタイトルは『これから みんなで 地球を 楽しく!』(仮題)

主催者は、北海道の旭川市の動物病院 ”Sunny’s Animal Clinic” の獣医師の櫻井辰徳さんです。http://sakuraitatsunori.hatenadiary.com/Profile

ゲストスピーカーとして、

中村千秋、
坂東元 旭山動物園園長、
金子正美 酪農学園大学教授(農食環境学 環境GIS研究室)
の3名が登場します。

イベントの後には、中村千秋を含めて、ゲストスピーカーたちとの懇親会を予定しています。

詳細は、本ブログやサラマンドフの会のサイトなどに、後日アップしていきます!

札幌周辺からの参加者はもちろんのこと、北海道のみならず、本州、九州、四国、沖縄、日本以外の各地の遠隔地からの参加も大歓迎です!

お問い合わせ: サラマンドフの会 salamandovu@gmail.com

ラフィキが出展:11月2日-4日”医獣祭”

11月2日~4日に日本獣医生命科学大学(東京・武蔵野市)で開かれる大学祭に、今年も公認サークルのRafiki(ラフィキ)が出展します。

2日~3日 10:00~17:00

4日 10:00~14:30、16:30~17:00

活動の紹介や、ビリカニ女性たちの会のお母さんたちの縫製したグッズなどを展示、支援販売しています。

Rafiki(ラフィキ)は、酪農学園大学の公認サークル 通称「えれふぁんと」の姉妹サークルです。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

 

※ サラマンドフの会のHPは、2018年7月より新サイトに移行しています。
新サイト⇒ https://salamandovu.jimdo.com

 

10/27 月間動物イベント 講演会

東京都日野市の多摩動物公園で開催される、月間動物イベント 講演会『アフリカに生きる──動物と人』で、中村千秋が講演をするお知らせです。

日時: 10月27日(土)14時より

場所: 多摩動物公園 ウォッチングセンター内 動物ホール

講演内容

講演1『南部アフリカの動物と自然』 山形豪 氏(動物写真家)

講演2『野生のアフリカゾウと共に~未来へのメッセージ~』

中村千秋 (NPO法人サラマンドフの会代表理事、酪農学園大学特任教授)

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=25126

小学生以上, 定員100名

※事前申込制 先着順, 参加費無料(入園料も無料)申込受付中

【締 切】2018年10月15日(月)送信分まで有効
       

7月14日-15日 アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)

7月14日-15日に、東京・新宿で開催される、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展します。

http://africah.web.fc2.com/event/j-shinjuku2018.html

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

報告:釧路でのセミナー

初訪問となりました、釧路でのセミナーは盛会にて終了しました。

参加者は、高校生から70歳代まで幅広く集まり、中村千秋にとっては寒い6月の釧路で、熱気に包まれたセミナーとなりました。

主催した貞國さんは、酪農学園大学の公認サークル"えれふぁんと"の初代のメンバー(部員)で、その後、釧路で活躍しています。

新しいつながりが生まれるのは楽しく嬉しいことです。釧路は札幌地域から近いようで遠く、なかなか機会に恵まれずにいましたが、これを縁に、いつの日か、また訪れることができればと願っています。

そして、もちろん釧路からも初のケニヤ訪問者が現れるよう願っております!

 

報告:えれふぁんと(酪農学園大学の公認サークル)主催のセミナー

6月には酪農学園大学の公認サークルで、野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』の主催によるセミナーと新入部員たちを中心とする懇親会を開きました。

懇親会では、ケニヤ訪問した部員からの経験談を交えたアフリカ・トークはもちろんのこと、部員たちの高校時代までのプライベートな話でも盛り上がりました。

中村千秋からも、さまざまな未知のフリートークが飛び出して、時間を延長して楽しく有意義な時を過ごすことができました。

新入部員たちからもケニヤへの訪問者が出ることでしょう。そして、フィールドで豊かな経験をして、野生のアフリカゾウ、大型野生動物と地域住民とが共存する世界のすばらしさを伝える人々が、ひとりでも多く現れるものと期待しています!