2021事業年度の2回目の支援資金

報告がポレポレとなりましたが、サラマンドフの会の2021年事業年度(第12期:2021年11月~2022年10月)の2回目の支援資金の910,000円を6月に送金、急激な円安に伴う差額支援として72,072円を追加支援しました。地域住民の事業支援のひとつである小学校ワイルドライフ・クラブの卒業生成人へのフィールド再教育支援事業、学童の自然保護教育の支援にあてています。

幸いなことに、今に至るまで支援地域ではコロナ感染拡大は見られません。円安と現地の物価高に伴う支援額の増額と、6月末からの感染拡大の予想に伴い事業の日程等の調整などありましたが、活動を進めることができています。

皆様からの支援が継続の原動力となっており心より感謝致します。さらにフィールド教育の事業の支援に関しましては、イオン環境財団からの助成金が力添えとなっています。皆様のお力添えにお礼申し上げます。

事業の報告はいつもながらポレポレですが、後日アップしていきますので、どうぞお楽しみに!