助成金の採択(継続)

NPO法人サラマンドフの会がイオン環境財団の第30回活動助成金(2021年4月~2022年3月)の助成先として、4年目の継続で採択されました。

2月22日付で、イオン環境財団のサイト https://www.aeon.info/ef/ 【2021.02.22 第30回 環境活動助成先を決定】にて、採択先のリストがアップされました。

また、同日付の朝日新聞の広告にもリストが掲載されました。

イオン環境財団の継続採択の3年目にあたる、第29回助成(2020年4月~2021年3月)では、新型コロナのパンデミックの影響で、予定していた事業を決められた期間内にすべて実施することができず、残念ながら期間内では一部の事業の中止を決定しなければなりませんでした。イオン環境財団の規定では延期が認められず、実施できなかった分については返金処置(72万円強)となる予定です(承認申請中)。

事業中止と返金処置にかなりがっかりしていただけに、4年目の継続採択の朗報は大変嬉しかったです。申請金額もほぼ満額(90万円)の助成となりました。第30回環境活動助成金(2021年4月~2022年3月)の期間には、新型コロナによる事業の変更や中止がなく、順調に進めることができるとよいと願っています。

イオン環境財団の助成に関わる事業内容は、これまでと同様の継続支援です。

ひとつは、サラマンドフの会の設立以来、支援している、ケニヤ(ツァボ地域)の小学生のワイルドライフ・クラブの学童たちへのツァボ国立公園でのフィールド学習支援です。今ひとつは、ワイルドライフ・クラブの卒業生を対象とし、フィールド学習を通した支援です。

フィールド活動を重視するイオン環境財団ならではの継続支援に応えられるように、コロナ感染の状況をみながら安全に進めることができるようにと祈るばかりです。

皆様からの会費や寄付による温かい支援の基盤があってこそ取得できている助成金です。従来通りに皆さまからの会費と寄付による支援が、サラマンドフの会の幹であり原動力です。今後とも、野生のアフリカゾウと地域住民と共に一歩ずつ確実に歩み続ける支援を何卒よろしくお願いいたします。