幸多き2021年へ

喪中で明けた新年もあっという間に2週間が過ぎようとしています。喪中なのですが、不幸多い2020年が明けた、という意味では不幸が明けましておめでとうございます!です。

そして、コロナ感染の拡大が懸念される中での2021年の幕開けですが、幸多き2021年となりますように!という気分です。

年頭の決意は今年も例年と変わりません。野生のアフリカゾウと地域住民の共存のための活動を継続して、小さいながら確実な歩みを続けていきたいです!自由な移動が制限されて厳しい状況は続くでしょうが、オンラインでのリモート活動も含めて、こういう時でないとできないようなアイディアを膨らませて前向きに進めていきたいものです。

昨年の年頭のブログを見ると、「心身ともに健康に生きていくのに困難を感じるようにすらなってきているのは、野生のアフリカゾウの立場から世界を感じ続けていることもあるかもしれません」とあり、コロナのパンデミックが到来する以前に困難な時代の到来の空気を感じ取っていたのかな、と思ったりもします。野生のアフリカゾウは嗅覚がよいですから(笑)

野生のアフリカゾウの立場からすれば、まだまだ息苦しさは続きます。でも、息が止まるほどまではいきません。十分に深呼吸もできます。大きく息をしてゆっくり考えたり、行動したりすれば1歩半前進くらいにはなります。息苦しくて1歩後退、深呼吸をして1歩半前進、と戻ったり進んだりしながらのぽーれぽれのペースででも、次世代に残していける希望ある地球のために、身の丈サイズの小さな小さな力を存分に出し続けていければと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。