記事の紹介

北海道苫小牧市のウトナイ湖野生鳥獣保護センターに勤務する、ベテランの山田智子獣医師が、苫小牧民報に記事を連載(月一度)していますので、紹介します。来月から第3金曜日に掲載日が変更となるようです。

山田智子獣医師は、サラマンドフの会設立以前から、長年、野生のアフリカゾウと地域住民の支援活動も応援してくださっています。