お母さんたちの奮闘

ビリカニ女性たちの会の作業場の一室で、修繕が必要となりました。セメントで固めてある床が老朽化して、あちらこちらに穴があいたままになっていました。ミシンを置くのに安定が悪く、その部屋を縫製用に使うのには注意が必要でした。

この床の修繕費を自分たちの力で捻出しようと、教育エコツアーで日本から訪問する人たちに向けて、魅力ある柄を選んでシャツやバッグなどのビリカニ・グッズをお母さんたちは、洋裁講師の指導のもと、丁寧に縫製しました。2月~3月の訪問者たちがたくさん買ってくれれば、床の修繕が可能となります。

願いが通じたのか、訪問者たちは、たくさんのグッズを買ってくれました。床の修繕が可能になって、お母さんたちは大喜びです!

 

ビリカニ・グッズの縫製にはりきるビリカニ女性たちの会のお母さんたち。