アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)の報告

7月14日-15日に、東京・新宿で開催された、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展し、猛暑でしたが、天候には恵まれて、たくさんの方々が立ち寄ってくださり、大成功で終了との報告が来ました!

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。今年もサラマンドフの会が協賛支援を行いました。

足を止めてくださった方々から、さまざまな応援のコメントを頂いた、とのことで、さっそく、ケニヤのお母さんたちにも伝えました。

次の出展は、11月の日獣祭(大学祭)だ!と、サークルのメンバー一同、今からはりきっています!

 

Rafikiのブースと活動するメンバーたち

出展されたビリカニグッズ