建物の維持と修繕

ビリカニ女性たちの会の作業場では、水のトラブルばかりでなく、シロアリの問題も起きています。

先週末に、すぐにでも修繕が必要、と女性たちの話合いで決まりましたが、問題なのは資金です。会計担当の報告をもとに話合った結果、今年のビリカニ・グッズの売り上げから貯まった資金で修繕できることになりました。

日本からの訪問客が終了する9月頃という案が出たのですが、「いや、早い方がいい!」と、珍しくアフリカンタイムではなくて、ジャパニーズタイム(?!)の対応です。昨日から3日間ほど修繕期間となりました。

心配なのは天気です。乾季の8月には珍しく雨がぱらつき曇天模様です。修繕期間にはからりと晴れてくれることを願っています。

来週には教育エコツアーの訪問者たちがビリカニ女性たちの会の作業場にやってきます。修繕の済んだ作業場をお披露目できる、とお母さんたちは楽しみにしています。

訪問者たちがたくさん買ってくれますように!と願いを込めてビリカニ・グッズを作成中のお母さんたち。