あけましておめでとうございます!2015年

新年あけましておめでとうございます!

活動のお知らせはしているものの、日記のブログを書く回数が少なくなってしまいましたが、恒例の年頭は忘れていません。

年頭にあたっての抱負は数年来変化なくぽれぽれの小さいけれど確実な前進、後退も失敗も恐れずに前向きに!です。

新年の抱負は、昨年の冒頭に書いた、
「新年の冒頭に考える」
http://blog.goo.ne.jp/eleqxmoyommoja/e/7fdfa3987d6a3b9dc64e206ea47f3b6e

にあるとおりで、一年経った今も変わらずです。多分これからも変わらないでしょう。生き方のメインにブレはなくて、大きな変化はないけれど、小さな進展はあります。

少々明るい方向に向かっているのは、ようやく昨年になって、ボランティアの方々のヘルプで諸雑務のシェア作業に着手できたことです。今年こそ(と毎年思っていますが)本業や執筆の時間を今までよりも多く取れるかもしれない。と思うだけでも進展、前向きです。

寺田寅彦氏が確か雑務に溺れるような研究者になってはいけない、というようなことを書いていたかと思いますが、まさにその「なってはいけない」研究者になってしまって数年経ってしまいました。雑務から身を解放することは大切な仕事と心して、今年はもう一歩進めねばと思っています。その一方であまりの義務感に縛られることもしないように、のびのびと自由に生きる生き方は変えずに続けられればと思っています。

晩成型の研究者や作家に勇気づけられる面もあります。70歳を超えてから執筆を開始したという吉野せいさんについての記事を読みました。50歳代の後半に多くの成業や執筆をした学者たちもいます。まだ書ける、まだまだ人生の先でも活動できる、と自分を遠くにおいて慰めているだけなのかもしれませんが、そういう心にゆったりとしたそよ風が吹くのを私は大切にしています。

失笑を買うのは覚悟で、また昨年までと同じことを書きますが、今年こそ作品を仕上げることができればと思っています。

新年も多くの幸と出逢いに恵まれますように!!

本年もどうぞよろしくお願い致します。