カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

酪農学園大学白樺祭(7月8日-9日)

7月8日、9日に開かれる酪農学園大学の白樺祭

https://rakunoshirakabasai2017.jimdo.com/

に今年も大学公認サークルの「えれふぁんと」が出展します!

息の長い、小さいながら確実に歩んでいる「えれふぁんと」の活動の応援をよろしくお願い致します!

さわやかな天気の学園祭になるように願っています!

アフリカ日比谷フェスティバル(6月24日-25日)

6月24日、25日に東京・日比谷公園で開かれるアフリカ日比谷フェスティバル

http://africah.web.fc2.com/event/j-hibiya2017.html

に、日本獣医生命科学大学の公認サークル「ラフィキ」が出展します!

サラマンドフの会からも応援に駆けつける予定です!

お近くの方はお立ち寄りください。

梅雨ですが、両日天気がよくなるとよいですね!

 

セミナーは盛会で終了

北海道での6月のセミナー(6/11および6/12)は盛会にて終了しました。

気候が違う北海道で風邪を引き体調が不安定になりがちでしたが、セミナー講師に備えて体調を整えることができ、盛会に終了して一安心です。小さいながら活動を今後も続けくための確固とした力添えとなりました。

リピーターの方々、今回初めて聴講して下さった方々、お時間を取って参加して下さり感謝致します。

今後も今回のようなセミナーの機会を設けて、皆さんと共に地球の未来を憂いつつ考えていければと思っております。

 

 

6月のセミナー in 札幌(6/12)

『野生動物と人間の未来~アフリカゾウから地球への伝言』

講師 中村千秋

日時/6月12日(月)18:30〜20:30 受付開始18:00
会場/ かでる2.7 1030会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
事前申込要 定員35名(先着順・締切6/8) 
参加費/一般700円 きたネット会員・学生 500円


主催 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク 「きたネット」

 

本チラシのPDFは、

 http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaA.pdf

よりご覧になれます。


アフリカの大自然から、野生動物と人間社会の調和ある共存と共生を問い直してみましょう!

野生のアフリカゾウの研究を通じて得た、自然と人間の共生のための貴重なヒントとは?

大型野生動物が健全に生活できる自然生態系が残っていることがなぜ重要なのでしょうか?
守り、つなぐために、私たちに何ができるのでしょうか?

参加者のみなさんとの意見交換も予定しています!


参加申込みは

お名前・住所・連絡先(TEL. FAX. E-mail)、所属等をご記入のうえ、
【きたネット】へ 
メール office@kitanet.org
または
FAX(011-215-0149)
等でお申込みください。

申込書  http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaB.pdf

6月のセミナー(6/11 北海道苫小牧)

北海道の苫小牧市のウトナイ湖野生鳥獣保護センターで、野生動物に学ぶ救護セミナーが開かれます。

セミナーのタイトルは、
『アフリカゾウとザトウクジラに学ぶ』
です。

6月11日(日)
午前10:00~12:00
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
高校生以上対象

参加料 無料

申し込み・お問い合わせ 電話 0144-58-2231

セミナーの内容:

『アフリカゾウから地球への伝言』  中村千秋(NPO法人サラマンドフの会)

『ザトウクジラの子育て in オーストラリア』 平尚恵

『オーストラリアに学ぶ野生動物保護事情』 唐澤廸子(酪農学園大学)

皆様、ふるってお出かけください!

 

吉祥寺経済新聞で紹介

5月4日、6日に東京・井の頭公園で開かれた「井の頭学園祭」に出展した、日本獣医生命科学大学の公認サークル「ラフィキ」の様子が、地元の吉祥寺経済新聞、本日付け(5月16日)に紹介されました。

記事タイトル 【地元5大学の学生らが「井の頭学園祭」 園の100歳記念週間で】

https://kichijoji.keizai.biz/headline/2401/

https://kichijoji.keizai.biz/photoflash/710/

 

小さいながら確実に歩んでいる様子がわかり、歴代のメンバーたちも喜んでいることでしょう!

 

6月の北海道でのセミナー

6月に北海道で「アフリカゾウから地球への伝言」のタイトルで、中村千秋を講師とするセミナーが開かれます。

6月11日(日)朝10時より ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 救護セミナー「海外に学ぶ野生動物事情」の一部講師

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/hogo_center.html

6月12日(月)札幌にて 夜 認定NPO法人きたネット主催 セミナー

http://www.kitanet.org/

近日中に詳細を広報チラシなどでお知らせ致します。少々お待ちください!

著書を読んでいない方でも、どなたでも関心のある方の参加を歓迎致します!

 

 

井の頭学園祭 5月4日・6日

日本獣医生命科学大学の公認サークル”RAFIKI”(ラフィキ)が、東京・井の頭学園祭(井の頭100歳記念ウィーク)で活動の出展をします!

http://media100.jp/100fes/

https://www.facebook.com/Media100-1927619480799896/

「地域振興ブース」の「RAFIKI」で活動紹介しています。

ラフィキは、サラマンドフの会と連携して活動していて、野生動物との共存のために活動しているサークルです。今回もサラマンドフの会からも応援に行く予定です。

今回のイベントはアフリカや野生動物が中心でなくて、地域復興がメインですが、広い意味でアフリカの野生動物と地域住民の共存も含めてくれたようです(≧◇≦) 

天気がよくなって、多くの人出があるよう祈っています!

お近くの方、お時間のある方は足を延ばしてみてください!

 

東進スクールのWEBマガジン『SEKAI』

東進スクールのWEBマガジン『SEKAI』に、中村千秋へのInterview 記事「ゾウのフンから見える人間社会」が昨日アップされました。

http://toshin-sekai.com

メイン写真は、10月に東京で開催したサラマンドフの会主催の写真展で撮影したものです。とても好評です!

 

 

劇団四季の広報誌「ラ・アルプ」11月号

劇団四季の会員向け広報誌「ラ・アルプ」11月号に、記事が掲載されました。

「ライオンキングから文化を知る」~アフリカの野生動物と地域住民-イメージから共存へ(36~37ページ)。

生まれて初めてプロのミュージカルのライブを見ました(笑)

ミュージカルと我人生は無縁で来たのですが、どこで縁ができるかわからないものです($・・)/~~~

劇団四季の会員向け広報誌「ラ・アルプ」については以下のサイトをご覧ください。

https://www.shiki.jp/fanclub/members/shopping.html