カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

10/27 月間動物イベント 講演会

東京都日野市の多摩動物公園で開催される、月間動物イベント 講演会『アフリカに生きる──動物と人』で、中村千秋が講演をするお知らせです。

日時: 10月27日(土)14時より

場所: 多摩動物公園 ウォッチングセンター内 動物ホール

講演内容

講演1『南部アフリカの動物と自然』 山形豪 氏(動物写真家)

講演2『野生のアフリカゾウと共に~未来へのメッセージ~』

中村千秋 (NPO法人サラマンドフの会代表理事、酪農学園大学特任教授)

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=25126

小学生以上, 定員100名

※事前申込制 先着順, 参加費無料(入園料も無料)申込受付中

【締 切】2018年10月15日(月)送信分まで有効
       

7月14日-15日 アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)

7月14日-15日に、東京・新宿で開催される、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展します。

http://africah.web.fc2.com/event/j-shinjuku2018.html

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

報告:釧路でのセミナー

初訪問となりました、釧路でのセミナーは盛会にて終了しました。

参加者は、高校生から70歳代まで幅広く集まり、中村千秋にとっては寒い6月の釧路で、熱気に包まれたセミナーとなりました。

主催した貞國さんは、酪農学園大学の公認サークル"えれふぁんと"の初代のメンバー(部員)で、その後、釧路で活躍しています。

新しいつながりが生まれるのは楽しく嬉しいことです。釧路は札幌地域から近いようで遠く、なかなか機会に恵まれずにいましたが、これを縁に、いつの日か、また訪れることができればと願っています。

そして、もちろん釧路からも初のケニヤ訪問者が現れるよう願っております!

 

報告:えれふぁんと(酪農学園大学の公認サークル)主催のセミナー

6月には酪農学園大学の公認サークルで、野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』の主催によるセミナーと新入部員たちを中心とする懇親会を開きました。

懇親会では、ケニヤ訪問した部員からの経験談を交えたアフリカ・トークはもちろんのこと、部員たちの高校時代までのプライベートな話でも盛り上がりました。

中村千秋からも、さまざまな未知のフリートークが飛び出して、時間を延長して楽しく有意義な時を過ごすことができました。

新入部員たちからもケニヤへの訪問者が出ることでしょう。そして、フィールドで豊かな経験をして、野生のアフリカゾウ、大型野生動物と地域住民とが共存する世界のすばらしさを伝える人々が、ひとりでも多く現れるものと期待しています!

教室変更:5月14日(月)ミニ講演会 

日本獣医生命科学大学の公認サークル「ラフィキ」の主催による、中村千秋のミニ講演会の教室が変更になりました。日時には変更ありません。

日時:5月14日(月)17時半  

場所:日本獣医生命科学大学 B棟 3階 312号室

(東京都武蔵野市境南町)

『アフリカゾウから地球への伝言~ラフィキとともに』

詳細は以下のメールアドレスにお願い致します。

お問い合わせ:kyudo.07@icloud.com 佐藤

6月10日(日):北海道釧路セミナー

北海道釧路での野生動物と人間の共存を考えるセミナーのお知らせです。

酪農学園大学の公認サークル「えれふぁんと」の卒業生(酪大えれふぁんとOB/G 釧路会)の企画です! 

日時: 6月10日(日)16時より

場所: 釧路市民活動センターわっと会議室2

お申込み及び問合せ:elephant.kushiro@gmail.com 貞國

小学生高学年以上、どなたでも参加できます。参加費の詳細は以下のチラシをご覧ください。

釧路では初のセミナーとなります。釧路方面の皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

 

5月14日(月) ミニ講演会

日本獣医生命科学大学の公認サークル「ラフィキ」の主催による、中村千秋のミニ講演会のお知らせです。

日時:5月14日(月)17時半  

場所:日本獣医生命科学大学 B棟 4階 413号室

(東京都武蔵野市境南町)

『アフリカゾウから地球への伝言~ラフィキとともに』

詳細は以下のメールアドレスにお願い致します。

お問い合わせ:kyudo.07@icloud.com 

 

野生のアフリカゾウの立場から伝える大型野生動物の世界。

大自然と人間、アフリカと日本の視点から私たちの地球の将来を一緒に考えます。

またケニヤで継続している教育エコツアーについても紹介いたします。

ケニヤの教育エコツアーに参加したことのある部員もいる、息の長いサークルの大学生による企画です! 

一般の方々、大学生、高校生など、どなたでも関心のある方々の参加を歓迎致します!!

新刊の紹介

『もうひとつの道徳の教科書』(冨山房インターナショナル、道徳の教科書編集委員会 編集)が、3月20日に発売されます。

中村千秋著『アフリカゾウから地球への伝言』も一冊に含まれています。

4月より正教科となる小学生の道徳の副読本とのことですが、大人から子供まで広く読んで自分で考えることの大切さを学ぶことができる内容となっているようです。

まだ本の中身を見ていないので、目次から想像するだけなのですが、目次を見るとなつかしい本や興味をそそる本のタイトルなどもあり、それだけでも考えが広がりそうです。

小学校で子どもたちが学ぶためのみならず、親子や孫と祖父母とで、本を手にして経験談を語り合いながら考えを膨らませることができるようなイメージも湧きます。

ケニヤのこどもたちにも、このような本があればなあ、と小さな夢も持たせてくれる本です。

 

 

 

 

 


書評の掲載: 北海道自然雑誌faura(ファウラ) 58号

中村千秋著『アフリカゾウから地球への伝言』の書評が、今月発売の北海道自然雑誌【faura】の58号に掲載されています。

北海道自然雑誌【faura(ファウラ)】は北海道の自然を考える写真雑誌で、自然愛好家や写真家などに人気の雑誌です。

http://www.naturally.co.jp/faura-shop-plus/whats_faura/

オンラインでの購入

http://www.naturally.co.jp/faura-shop-plus/

書評をきっかけに共感する読者が増えて、さらなる繋がりの輪が広がるとよいと願っています。