作成者別アーカイブ: eleqxmoyommoja

新サイトの公開

本日、サラマンドフの会の新しいサイト 

https://salamandovu.jimdo.com/

を公開しました!

しばらくは旧サイト http://salamandovusociety.org/ との併存となりますが、新サイトをよろしくお願い致します。

新サイトは無料サイトを利用することにしましたので、広告が入ってくるようになります。

サイトの維持管理費を節約して、少しでも多くの支援費をアフリカでの野生のゾウと地域住民との共存に向けたい、という想いがあり、無料サイトへ移行することにしました。

また、スマホのAndroidでは見にくかった旧サイトですが、新サイトでは見れるようになっています。

更新は随時行っていく予定です。

今後とも温かいご支援をよろしくお願い致します!

アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)の報告

7月14日-15日に、東京・新宿で開催された、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展し、猛暑でしたが、天候には恵まれて、たくさんの方々が立ち寄ってくださり、大成功で終了との報告が来ました!

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。今年もサラマンドフの会が協賛支援を行いました。

足を止めてくださった方々から、さまざまな応援のコメントを頂いた、とのことで、さっそく、ケニヤのお母さんたちにも伝えました。

次の出展は、11月の日獣祭(大学祭)だ!と、サークルのメンバー一同、今からはりきっています!

 

Rafikiのブースと活動するメンバーたち

出展されたビリカニグッズ

訪問者たちに向けて

来週から教育エコツアーが始まります。お母さんたちは、訪問者たち用にグッズの作成に大忙しです。

腕をメキメキとあげているヤングママさんたちが中心になっての縫製ですが、オールドママさんたちも老眼鏡をかけつつ、若い者にはまだまだ負けないぞ!と言わんばかりにはりきっています。

老いも若きも仲良く縫製している姿は微笑ましいです。

7月のグループには小学生も参加予定です。お母さんたちとどのような出逢いとなるのか、今から楽しみです。

 

新サイトをもうすぐ公開!

サラマンドフの会のHPの新規サイトを7月中に公開予定です。

移行サイトは

https://salamandovu.jimdo.com

です。

公開までもうすぐです!

公開後、しばらくは現在のHP http://salamandovusociety.org/ と並行となりますが、最終的には上記の新サイトに移行の予定です。

新サイト https://salamandovu.jimdo.com をどうぞお楽しみに!

後期の支援(2017事業年度)

サラマンドフの会の2017年事業年度(第8期:2017年11月~2018年10月)の後期の支援金の646,000円を7月上旬に送金しました。

今回の送金の内訳は、従来通りの会費および寄付による皆さまからのお力添えの資金からは297,000円、イオン財団の助成金からは349,000円です。

皆様のおかげで継続支援ができますことに心より感謝致します。

イオン財団からの助成金は、サラマンドフの会の事業年度に合わせて、2回に分けて支出するため、残高は2018年事業年度(第9期:2018年11月~2019年10月)前期に送金します。

これまでに引き続き、ビリカニ女性たちの会の若年層支援、地域住民の事業支援、学童の自然保護教育の支援を行います。加えて、小学生の頃に自然保護教育をサラマンドフの会の支援で受けた卒業生たちへの指導者養成のための事業に充てます。

イオン財団からの助成金は、学童の自然保護教育と卒業生への指導者養成の事業の一部に使われます。

学童たちへの教育エコツアーは8月と9月に予定、指導者養成のためのフィールド体験は8月に予定しています。

支援の簡単な経過報告は、本サイト等でお伝えしていく予定です!

サラマンドフの会の会員の皆様にはニュースレターNo.17 (10月発行予定)で詳細をお知らせします。

どうぞお楽しみに!

 

7月14日-15日 アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)

7月14日-15日に、東京・新宿で開催される、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展します。

http://africah.web.fc2.com/event/j-shinjuku2018.html

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。

お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

報告:釧路でのセミナー

初訪問となりました、釧路でのセミナーは盛会にて終了しました。

参加者は、高校生から70歳代まで幅広く集まり、中村千秋にとっては寒い6月の釧路で、熱気に包まれたセミナーとなりました。

主催した貞國さんは、酪農学園大学の公認サークル"えれふぁんと"の初代のメンバー(部員)で、その後、釧路で活躍しています。

新しいつながりが生まれるのは楽しく嬉しいことです。釧路は札幌地域から近いようで遠く、なかなか機会に恵まれずにいましたが、これを縁に、いつの日か、また訪れることができればと願っています。

そして、もちろん釧路からも初のケニヤ訪問者が現れるよう願っております!

 

報告:えれふぁんと(酪農学園大学の公認サークル)主催のセミナー

6月には酪農学園大学の公認サークルで、野生動物との共存支援サークル、通称『えれふぁんと』の主催によるセミナーと新入部員たちを中心とする懇親会を開きました。

懇親会では、ケニヤ訪問した部員からの経験談を交えたアフリカ・トークはもちろんのこと、部員たちの高校時代までのプライベートな話でも盛り上がりました。

中村千秋からも、さまざまな未知のフリートークが飛び出して、時間を延長して楽しく有意義な時を過ごすことができました。

新入部員たちからもケニヤへの訪問者が出ることでしょう。そして、フィールドで豊かな経験をして、野生のアフリカゾウ、大型野生動物と地域住民とが共存する世界のすばらしさを伝える人々が、ひとりでも多く現れるものと期待しています!

新HPの公開のお知らせ

サラマンドフの会のHPの新規サイトの公開を7月より開始します。

移行サイトは

https://salamandovu.jimdo.com

です。

公開後、しばらくは現在のHP http://salamandovusociety.org/ と並行となりますが、最終的には上記の新サイトに移行の予定です。

公開日が決定しましたら、改めてお知らせします。

どうぞお楽しみに!

※ 今後もサイト移行のお知らせをたびたびお伝えしていきます。