作成者別アーカイブ: eleqxmoyommoja

子どもたちへの教育ツアー(7月実施)

続いて、ビリカニ・ワイルドライフ・クラブの教育ツアーの報告です。

朝から晴れ上がった日となりました。

ガイドによる解説が始まると間もなく、後方にゾウたちの群れが現れて話は中断。移動を続けるゾウたちの観察に集中しました。

数少ない水場では鳥類も観られました。その近くでライオンがじっとしているのも緊張を持って観察しました。

イスラエルなどから来た外国からの観光客たちに出逢い、観光客たちのマナーや行動から外国人観光客の一面も学んだようです。

ケニヤにおける外国人観光客がなぜ重要なのかも、観光客が宿泊するロッジを見学しながら体験学習することができました。

7月に入ってから心配されていたコロナ感染拡大が全くないため、声を出す時以外は、マスク着用は任意となりました。

今事業年度に予定していた、子どもたちへの教育ツアーのフィールド体験の支援は無事終了しました。

そして、参加した4つのワイルドライフ・クラブからの選抜者によるスピーチ・コンテストを3年ぶりに実施することができました。

次回はスピーチ・コンテストの内容を報告します!

 

子どもたちへの教育ツアー(6月実施)

6月にはカンビト、7月にはビリカニの各ワイルドライフ・クラブの小学生たちがツァボ・イースト国立公園の教育ツアーに参加しました。

6月20日になって直近1週間の新型コロナ感染がケニヤ全土で急増している報告が出て、3月から緩和されていたマスクの着用などが公共の場では義務づけられるようになりました。そのままケニヤでの第6波と言われましたが、感染率は上昇することなく無事終了しました。

感染拡大のリスクを避けるため、集団行動となる教育ツアーでは、念のため実施人数を基本型の40名から20名へと削減して実施しました。

まずは、カンビト・ワイルドライフ・クラブの教育ツアーの報告です。

途中で晴れ間がのぞくこともありましたが、全般的に曇天で天候にはやや恵まれないフィールドとなりました。

ゾウの群れが至近距離で近づいてくると、これまで参加したことがある子どもたちは嬉しそうに落ち着いて観察していましたが、初めて観る子どもたちの中には、はじめは目をつむって怖がっている子どももいました。

しかし何回も観察しているうちに、人間を脅かす野生動物ではないことが体験できてきました。

参加者の中から「なぜサイを全く観られないのですか」と質問が出ると、ツアーガイドからツァボ・イースト国立公園のクロサイの犀角をねらった密猟の解説がなされました。

観られる野生動物ばかりでなく、観られない野生動物からもいろいろと学び考えるフィールドとなりました。

 

 

新規参加の小学校で感謝!

今事業年度初の参加となったムルンディニ小学校で、全校生徒(約200名)が揃って、サラマンドフの会からのツァボ・イースト国立公園への教育ツアーの支援に感謝する会が開かれました。


【全校の子どもたち集合】

子どもたちのワイルドライフ・クラブはもとより、美術クラブで国立公園を訪問した子どもたちが観察した野生動物の絵を描いてプレゼントしてくれました。その一枚をアップします。




まだ国立公園を訪問していない低学年の子どもたちは、次回のサラマンドフの会の支援で教育ツアーに参加できる日が来るのを今から楽しみにしています!

【低学年の子どもたちの歌】

ワイルドライフ・クラブの代表の挨拶、「また国立公園での教育ツアーに行きたいです!」のことばで、会は終了しました!

【Asante Sana! (スワヒリ語でありがとう!)】

 

2021事業年度の2回目の支援資金

報告がポレポレとなりましたが、サラマンドフの会の2021年事業年度(第12期:2021年11月~2022年10月)の2回目の支援資金の910,000円を6月に送金、急激な円安に伴う差額支援として72,072円を追加支援しました。地域住民の事業支援のひとつである小学校ワイルドライフ・クラブの卒業生成人へのフィールド再教育支援事業、学童の自然保護教育の支援にあてています。

幸いなことに、今に至るまで支援地域ではコロナ感染拡大は見られません。円安と現地の物価高に伴う支援額の増額と、6月末からの感染拡大の予想に伴い事業の日程等の調整などありましたが、活動を進めることができています。

皆様からの支援が継続の原動力となっており心より感謝致します。さらにフィールド教育の事業の支援に関しましては、イオン環境財団からの助成金が力添えとなっています。皆様のお力添えにお礼申し上げます。

事業の報告はいつもながらポレポレですが、後日アップしていきますので、どうぞお楽しみに!

エコツアー感想 その23

過去の参加者の感想からご紹介している、教育エコツアーの感想シリーズの2年ぶりの復活です。

今回は第23回目です。

今後の教育エコツアーの再開に向けて、ぜひ参加の検討の資料としてください!

今回ご紹介するのは、参加当時は東京在住の会社員で、現在は日本国外のアジア地域で活躍されている方です。

Q1 教育エコツアーに参加したきっかけは何ですか?

小説の『沈まぬ太陽』(山崎豊子著)を読んで、ずっとアフリカの夕陽と野生の動物を見てみたかったので参加させていただきました。

一般の旅行代理店のツアーで見るのではなく、自然に触れるなら「エコツアー」の方が良いと思って決めました。

Q2 一番心に残ったこと、響いたことは何ですか?

ケニヤの空の色が忘れられません。

青空は宇宙が透けて見えるようで、夕陽は太陽のそのままの燃える色が溶けて出て来たようでした。

Q3 教育エコツアーに参加後、あなたの中で変わったことや考えたことは何ですか?

実家の町から少し離れたところに、子どもの頃にホタルが飛んでいた小川がありました。中高生の頃に護岸工事などでホタルの住めない人工の川になるのを目のあたりにしたことなどをきっかけに、自然環境を守る仕事がしたいという志を持って北海道の大学に入りました。

紆余曲折を経て、志とは全く関係のない仕事に就いて年月が流れました。大学時代の想いは忘れかけていましたが、ツアーに参加して手つかずと思える自然を経験して、大学の頃に抱いていた気持ちを思い出しました。

東京で職場と家を往復する生活を送っていると、人間が普通に暮らしているだけでも自然に多くの負担を強いていることを忘れがちです。

ツアーに参加して日本に帰国した後には、日々暮らす中でもなるべく地球に負担をかけない生活を心がけようと改めて思うようになりました。

例えば、買い物をする時は過剰な包装のものは避ける、無駄なエネルギーは使わない、少額でも寄付をするなど、小さくてもコツコツとできることはあるのだ、と思い出しました。

そして、そのような小さな輪がさらに広がるとよいと思うようになりました。

 

『教育エコツアー インタビュー』サラマンドフ・ニュースレターNo.14 より改稿

*****************************************************************************

教育エコツアーについては、サラマンドフの会のメルマガ「サラマンドフ通信」でも発信しています。「サラマンドフ通信」の詳細は、サラマンドフの会【お問い合わせ】 のフォームよりお問い合わせください。

子どもたちへの教育ツアー支援(6月、7月)

例によって報告はポレポレですが、活動は順調に続いています。

6月~7月には、2つの小学校ワイルドライフ・クラブへの教育ツアーの支援を実施して、今事業年度に予定していた4つのワイルドライフ・クラブの教育ツアーが終了します。

7月中旬には、3年ぶりに、4つのワイルドライフ・クラブから選ばれた子どもたちによる、スピーチ・コンテストも予定しています。

ケニヤでは3月の規制緩和以来、新型コロナ感染状況は問題なかったのですが、6月下旬にマイルドながら感染率が増加する傾向が見られて、第6波に突入かと言われています。支援地域では感染者もなく、全く問題ないのですが、念を押して、予定していた事業を前倒しし、7月に実施することにしました。準備と実施に追われバタバタしていて、報告をアップしている間がない!というのが、ポレポレの報告の言い訳です。

8月までにはもろもろアップしてきますので、アフリカンペースで気長にお待ち頂き、時々思い出してチェックしてみてください!

子どもたちへの教育エコツアー支援(第12期2回目)

4月には、今期2回目の子どもたちへの教育ツアーの支援を行いました。

ほとんどが教育ツアーに初参加でした。前回までワイルドライフ・クラブの顧問を勤めていた先生が昨年で退職となり、新しい先生が引率してのフィールド学習となりました。朝から雨が降り出しそうな曇天模様での開始となりましたが、午後には青空の広がる教育ツアーとなりました。

このワイルドライフ・クラブでは、コロナ感染拡大が始まる直前の2年前の雨季の3月に教育ツアーを行いましたが、その時には乾季が極めて短く雨季が長引いているかのような景観でしたので、参加した子どもたちはあまりに景観が違うのにまるで別の場所に来たかのように驚いていました。

マスクの着用はバスに乗車して観察している間必須でしたが、バスから下車して観察する時には着用するのは任意で、多くの子どもたちはマスク着用なしでガイドの話を聞き、観察を続けていました。

【写真下:ゲレヌク】


ゾウやキリンなどの野生動物の生活を観察するのが初めての子どもたちの中には、思わず「ゾウだ!」と声をあげてしまい、アシスタントや顧問の先生から声を出さないように注意される場面もありました。

インパラ、ゲレヌク、グランツガゼル、レッサークドーと出てくる動物たちを見分ける方法を教わり、2回目参加の子どもなどは間違いなく動物の名前を言えるようになっていました。皆マナーよく観察できましたが、ひとりだけガイドやアシスタントを悩ませる男子がいたのは残念でした。

参加する前には野生動物を怖がっていた子どもたちも、教育ツアー終了時には、ゾウ、キリン、ダチョウなど、お気に入りの動物の名前を言うほどに野生動物好きになりました。

【バスの中では全員マスク着用。車外では、マスクの着用は任意となった。マスクは、ビリカニ女性たちの会の作製】

 

 

 

 

子どもたちへのマスク支援

新型コロナ感染はケニヤ全域で落ち着きを見せ、感染予防への制限の緩和となっていますが、バスや列車など集団で移動する時には、今なお車内でのマスクの着用を推奨しています。

ビリカニ女性たちの会では、コミュニティーや子供たちへのマスクを作り、コロナ感染予防の対策の協力をしていて、第5回目を実施しました。

第5回目では200枚のマスクを作製して、4月に教育ツアーを実施する前に、ブグタ小学校の子どもたちに手渡しました。

【ビリカニ女性たちの会のお母さんが、ブグタ小学校の子どもたちにマスクを直接手渡すと、子どもたちは大喜びだった】

コロナが収束してマスクも不要となる時が来て、今回のマスク・プロジェクトで終了となれば、喜ばしい限りです。ただ、世界がからコロナ感染のリスクが消えない限りは、おそらくマスク着用は推奨されることでしょう。そうである限りには支援を継続していく予定です。

ニュースレターNo.24

会員の皆様にお届けしている『サラマンドフ・ニュースレター』No.24(8ページ)は、6月上旬までにお手元に届くよう準備中です。

2021年事業年度(2021年11月~2022年10月)の4月までのサラマンドフの会の活動の報告を中心とする内容となっております! 

内容は以下のとおりです。

冒頭の言葉  

支援内容の報告

  子どもたちへの教育ツアー支援 (2つのワイルドライフ・クラブ)

  女性たちの会の報告                                                                                                  

卒業生は今ほか

サラマンドフと共に(連載 その11) 

サラマンドフの会よりお知らせ  

その他

どうぞお楽しみに!

※ 【サラマンドフ・ニュースレター】は、正会員および賛助会員3口以上のご支援を頂いている皆様に、活動の内容をお知らせしている会報誌です。

会員になってご支援くださると嬉しいです!

サラマンドフの会の入会方法は【ご入会およびご寄付の方法】よりご案内しています。

もしくは、こちらよりお問い合わせください。