作成者別アーカイブ: eleqxmoyommoja

新事業の報告:卒業生への支援事業

8月には、ワイルドライフ・クラブの卒業生を対象に、指導者養成教育を目的とする、ツァボ国立公園でのフィールド体験の支援の新しい事業に着手しました。

ビリカニ村、カンビト村、バチュマ村の3つの支援している村落より、ワイルドライフ・クラブの18歳以上の卒業生18名を選抜し、ツァボ・イースト国立公園で、2日間のキャンプ体験と大型バスを使った野生動物観察のフィールドワークを行いました。

オリンド博士を講師に迎えて、ケニヤの野生動物保護の歴史と現状を学び、質疑応答による活発な議論を行ったほか、キャンプ体験の指導員、ワイルドライフ・クラブの顧問らも参加して、フィールド体験学習をしました。参加者は1名病欠となりましたが、17名が参加しました。

オリンド博士の講義(オープニング)

  

オリンド博士の講義で開始。会場の様子と話をするオリンド博士。

キャンプ体験

参加者は全員、国立公園内に宿泊するのも、キャンプをするのも初体験です。

 

 

テントを張る作業を進め、持参した食料で食事の支度を行いました。

 

その合間に、参加者たちは、オリンド博士(写真左より二人目、座っている)を囲んでフリートークも楽しみ、そこからも多くを学び取りました。

 フィールド観察

従来の多くの野生動物のフィールド観察はもちろんですが、キャンプ場に現れるゾウやバブーン、インパラなど野生動物たちとの距離を体験することで、小学校時代には体験できなかったフィールド体験もしました。

夕方には季節外れの小雨が降りました。小雨の中のゾウを、早朝には、チーターを2か所でフィールド観察しました。チーターを観たのは初めて、という参加者がほとんどでした。

   

 キャンプ場に現れたゾウを観察する参加者たち。

キャンプ終了後に課題となったレポートには、参加者全員、もっと長く滞在したい、このプロジェクトを継続して欲しい、貴重な体験をコミュニティーでの体験としてシェアして伝えていきたい、など支援に感謝し、継続して事業が行われることを望む意見が書かれていました。

参加者たちは、小学校時代には経験することのできなかった、夜から早朝の野生生物の世界を含めた、24時間以上連続した原生自然の姿を体験して、その保護の重要性を理解していました。

次世代に、野生動物保護の伝達をするための事業の一環の初回として、大成功で終了しました。

来年も本事業が継続できるとよいと願っています。

後継者現る?!7月-9月の教育エコツアーより

今年の7月~9月の教育ツアーには、小学6年生から60歳代まで、また3回目のリピーターから初参加までと幅広い層の人々が参加しました。しかも、参加者全員、滞在中から次回の訪問をいつにするかを考え出すほど、今回もまた、皆大満喫の教育エコツアーとなりました。

10歳代~20歳代の参加者の中からは、「後継者になりたい!」という声が聞こえてきました。いつの日かケニヤを再訪して、野生動物と地域住民の共存のための仕事の夢を現実にしてみたいようです。

一方で、現実社会の経験のある、リピーターたちや30歳代以上の参加者は、野生動物の世界からの自然保護、そのための現実的な支援の継続の重要性を改めて確認したようです。

小学6年生で、中村千秋の本を何回も読んでケニヤ在住を夢見始めた少年の将来は楽しみです。大変子供好きの同行者にも恵まれて、素晴らしい体験をし、ケニヤに将来住みたいという夢まで持ち始めているようです。

中村千秋自身、紆余屈折して夢から現実の道を歩みました。小さい夢が実るとよいと願っています。

その夢の第1歩として、近いうちに、サラマンドフ・ジュニア・クラブ(?!)ができるかもしれません?!ポレポレと小さくて確実な歩みを期待することにしましょう!

日の出と共に現れたバッファローの群れ。

ライオンはツァボ地域でよく観られるようになってきた。

ゾウとバッファロー。

ツァボ地域では珍しいトピが観られた。

ムダンダ・ロックにて、ゾウを観ながら参加者たち。うん?どこかで見たことのあるポーズ?!

ビリカニのお母さんたちと、お母さんたちから手にしたビリカニ・グッズを着て一緒に踊る参加者たち。

スピーチ・コンテスト2018

今回で第8回目となる、サラマンドフの会主催のスピーチ・コンテストがビリカニ・ライブラリーで開かれました。


ビリカニとカンビトの2つのワイルドライフ・クラブから選抜された5年生から8年生までの10名がプレゼンをしました。今回のプレゼンテーターは9名が女子、1名が男子でした。


緊張感が漂う中、今回も皆素晴らしいプレゼンを行いました。最優秀賞と優秀賞には、いずれも初出場の3名が選ばれました。カンビト小学校ワイルドライフ・クラブより最優秀賞と優秀賞の各1名ずつ、ビリカニ・ワイルドライフ・クラブからは優秀賞1名に決定しました。

子どもたちへの支援:8月-9月の教育ツアー

ツァボ地域の小学生たちへの教育ツアーの後期の支援は8月から9月に、2つのワイルドライフ・クラブで行いました。ビリカニ・ワイルドライフ・クラブとカンビト小学校ワイルドライフ・クラブで、合計98名が対象となりました。

どちらの教育ツアーも、朝から雲一つない晴天で、気持ちの良いフィールドとなりました。初参加者にとってはもちろんのこと、4回目となる参加者にとっても、新鮮なフィールド観察となりました。

どちらのグループでも、通常のように多くの野生動物を観察できました。

ビリカニ・ワイルドライフ・クラブ

【シマウマとハーテビースト。シマウマは子供たちに人気がある】

【熱心にメモを取る、ビリカニの子供たち】

【夕方、ゾウをフィールド観察した後。まだ家に帰りたくないなあ!】

 

カンビト・ワイルドライフ・クラブ

3月に次いで、今年度の2度目となるカンビト小学校ワイルドライフ・クラブの教育ツアーでは、季節の異なる植物の違いにも関心が寄せられました。 

植物と植物食の動物との関係も観察して、複数回参加している子どもたちはさらに見分を膨らますことができました。

 

【キリンとゾウを観察】

【夕方になっても、もっと観ていたい!と名残惜しそう】

 

 

お母さんの受験

ポレポレのアフリカンンタイムのアップですが、8月から9月の活動について、洋裁講師の国家試験2級の受験から報告します。

8月にビリカニ女性たちの会からお母さんがひとり受験しました。受験に当たって、少々トラブルもありました。受験日の前々日になって、試験官から受験日を一日前倒しにしたい、と連絡が入ったのです。どのような受験でも緊張するものですが、それが一日前に前倒しとなると相当な緊張感があったものと思います。

受験者したお母さんは、「受験についての緊張感はなかったけど、子どもをあずける予定だった人の調整がつかなくて困った」と言っていました。結局、赤ん坊を連れて、会場で赤ん坊を見てもらっての受験となりました。

本稿を書いている現在、まだ結果はわかっていませんが、マリアムは「かなり余裕のある受験だったので、自信はあります」といっていました。良い結果がでることを願いましょう。

受験会場の入り口にて。受験者のお母さんと赤ん坊(右)。左は洋裁講師。

無事終了

今年の教育エコツアーも無事終了しました。

9月のグループでは、日本での台風や北海道での地震からは、出発も到着もはずれていて、皆無事帰国となりほっとしています。

ケニヤでの訪問の日々は、今回も皆大満足で、だれかれとなく、次回の訪問の計画がケニヤ滞在中から出てきていました。ケニヤ大好き、野生動物大好き、地域住民大好き、という人々が増えて、リピーターとなって訪問してくれるのはとても嬉しいことです。

最年少の参加者は小学6年生の男子で、小学校の夏休みの自由研究を大成功させたとのことです。

リピーターの参加者もいました。2回目、3回目とリピーターなのですが、皆また訪問したい!と意気込んでいました。

大量の写真も動画も未整理のままで、参加者たちにもまだ送れていない状態ですが、アフリカンタイムで、直に写真入りの報告をします。ポレポレとお待ちください!

次回の教育エコツアー(2019年2月、3月)の日程は、10月までにはお知らせできるかと思います。

以下は、今年の教育ツアーの参加者のブログです!写真が豊富な楽しいブログとなっています!

http://manamakani.blog.fc2.com/

https://ameblo.jp/riminshimano/entry-12402115246.html

 

10/27 月間動物イベント 講演会

東京都日野市の多摩動物公園で開催される、月間動物イベント 講演会『アフリカに生きる──動物と人』で、中村千秋が講演をするお知らせです。

日時: 10月27日(土)14時より

場所: 多摩動物公園 ウォッチングセンター内 動物ホール

講演内容

講演1『南部アフリカの動物と自然』 山形豪 氏(動物写真家)

講演2『野生のアフリカゾウと共に~未来へのメッセージ~』

中村千秋 (NPO法人サラマンドフの会代表理事、酪農学園大学特任教授)

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=25126

小学生以上, 定員100名

※事前申込制 先着順, 参加費無料(入園料も無料)申込受付中

【締 切】2018年10月15日(月)送信分まで有効
       

1ヶ月も!

バタバタと慌ただしい1ヶ月でした。そしてまだバタバタしていますが、まだ生きています!元気です!の証に簡潔ながらアップします!

気にしていながら、行動が伴っていなかったことが、この1ヶ月3つほどありました。

その1は、このブログの更新。ブログアップしなければ、と最後にブログをアップしてから思い続けて、1ヶ月。

その2は、大親友の夫君がギランバレー症候群の中でも重症で長期入院。看護の彼女への応援をと思いつつ、、、ゴメンナサイ!

その3は、広島のサラマンドフの会の会員の方が被害に会われたのに、応戦のメッセージを送ったっきり、、、、、、申し訳ない!

深く反省しております。アフリカンタイムで有言実行。必ず、行動に移します!お待ちください!

この1ヶ月間には、プロジェクトの進展、教育ツアーあれこれ、フィールドでの発見等々といろいろあり、ブログのネタはあるのですが、、、、ポレポレならず、ぽ~~~れぽ~~れぐらいの超アフリカンタイムでアップしていきます。

と、次回のサイトのアップが、1ヶ月後とならないように、重々気にしつつ、、、、

やや怪しく疑わし気に、とりあえず日誌というより、走り書きでした!

新サイトの公開

本日、サラマンドフの会の新しいサイト 

https://salamandovu.jimdo.com/

を公開しました!

しばらくは旧サイト http://salamandovusociety.org/ との併存となりますが、新サイトをよろしくお願い致します。

新サイトは無料サイトを利用することにしましたので、広告が入ってくるようになります。

サイトの維持管理費を節約して、少しでも多くの支援費をアフリカでの野生のゾウと地域住民との共存に向けたい、という想いがあり、無料サイトへ移行することにしました。

また、スマホのAndroidでは見にくかった旧サイトですが、新サイトでは見れるようになっています。

更新は随時行っていく予定です。

今後とも温かいご支援をよろしくお願い致します!

アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)の報告

7月14日-15日に、東京・新宿で開催された、「アフリカヘリテイジフェスティバル in 東京(新宿)」に、日本獣医生命科学大学の公認サークル”Rafiki(ラフィキ)"が出展し、猛暑でしたが、天候には恵まれて、たくさんの方々が立ち寄ってくださり、大成功で終了との報告が来ました!

”Rafiki(ラフィキ)"は、サラマンドフの会の活動を出展から紹介することで、応援を続けています。「アフリカヘリテイジフェスティバル」には、昨年に続いての参加です。今年もサラマンドフの会が協賛支援を行いました。

足を止めてくださった方々から、さまざまな応援のコメントを頂いた、とのことで、さっそく、ケニヤのお母さんたちにも伝えました。

次の出展は、11月の日獣祭(大学祭)だ!と、サークルのメンバー一同、今からはりきっています!

 

Rafikiのブースと活動するメンバーたち

出展されたビリカニグッズ